結婚相談所なら大阪のマリッヂサポートへ

会社概要
経営者募集
パートナー募集
プライバシーポリシー
来社予約
資料請求
池田本部アクセス
梅田支部アクセス
婚活ブログ

共働きの夫婦ってどのくらいいるの?

結婚生活では、奥さんが専業主婦をするのか、それとも働きに出て共働きになるのか、という選択をしなければいけません。

では、世の中で共働きの夫婦というのはどのくらいいるのか、ということを参考までに見てみましょう。

平成21年の政府の発表によると、お子さんがいる世帯の母親の就業率は54.6%となっています。

さらに、お子さんの年齢でみてみると、15歳〜17歳のお子さんがいる世帯の母親は74.5%が仕事に就いているのです。

お子さんが小さい頃は、まだ母親が面倒を見なかればいけないけれども、ある程度の年齢になれば、留守番もできるし、学費など養育費も多くなってくるので働きに出て家計を支えるということが多くなるのです。

この統計を見てみると、現代では専業主婦が少数派ということがいえます。

もちろん、働くのはお金のためではなく自分の生きがい、生活にハリを持たせるため、ということも考えられます。

ひとつ言えるのは、母親は家にいなくてはいけない、という世の中ではないということです。

最終的に大切なのは、夫婦でどうするべきかよく話し合って結論を出すことです。

その結果、働くというのであれば、問題は何もありません。

なぜ料理ができる女性はモテるの?

女性に対しえて当然のように、料理ができる物と思っている男性は多いですよね。

これは、女性=母親のイメージがついているためであって、男性自身も無意識な場合もあるのです。

決して男尊女卑ではありませんし、女性として母性を求められている証拠でもあるので、これは光栄な事でもあるのです。

男女問わず料理ができて損をする事はありません。

婚活中の女性の中には時間がなく家事をおろそかにしている人もいるはずですが、料理は苦手だと自分自身で決め付けずに、徐々にステップアップして行きましょう。

料理は好きな人のために作ってはじめてうまくなるので、気になる男性が好きな食べ物を作ってみたり、一緒に食べる事を想像しながら料理をすると楽しいですよ。

手作りの焼き菓子をプレゼントしてみたり、ドライブやアウトドアデートの時にはお弁当を作っていくと、料理の腕も上達しつつ、素敵な時間を過ごせそうですね。

好きな人が、自分の手料理を美味しそうに食べている姿を見ると、自然と次回へのモチベーションも出てきますし、料理につて話題で会話の幅も広がりますね。

心理学で恋愛上手に!

恋愛がどうしても上手く行かないという方は、心理学を上手に取り入れてみましょう。

心理学といっても、専門的なものではなく、誰にでも取り入れられるものです。

会話やしぐさに少し工夫するだけで、相手への好感度をアップさせることができます。

男性との会話のなかで、聞き上手に思わせるテクニックを取り入れましょう。

相手は自分の話をしっかりと聞いてくれる人に、好印象を持ちます。

相手に気持ちよく話をさせてあげることで、会話の時間が楽しいものになり、また会いたいと思わせることができるのです。

話の最中に適度に相槌をうつことで、テンポよく話ができる状況を作り上げることができますよ。

さらに、会話の中で悩みを打ち明けあけられたなら、一緒に悩むことで信頼度をあげることができます。

それだけ自分のことを考えてくれていると思うので、信頼と同時に特別な感情も湧きやすくなります。

悩みを打ち明けるというのは、それだけ相手に心を開いている証拠ですから、信頼度をアップさせる絶好のチャンスなのです。

自分の経験を交えてアドバイスをするよりも、親身に話を聞いてあげるほうが相手は嬉しいのです。

初デートはしっかりと準備を

これからは初デートを控えているのであれば、しっかりと準備をしておくことがとても大切です。

当日になって行く店を決めるのは危険な行為です。

当日になってからだと、人気のあるお店は予約がいっぱいで入ることができなかったり、予定外のことが起こって、スムーズにいかないことが多くあるからです。

また、相手に、何食べる?どこ行きたい?などの質問はタブーです。

とても答えにくい質問だからです。

初デートの相手に、気軽に、何を食べたいとか、どこに行きたいといえる人は少ないものです。

できるだけ、最初は決めておいてほしいと思うものです。

また、最初のデートでおごると女性も嬉しいものです。

初デートのときから、いきなり割り勘だと、女性は男性のことをケチだと感じます。

最初のデートは、男性がおごると喜んでもらえます。

初デートがどうなるかによって、今後その女性と付き合うことができるかどうか決まるものです。

最初のデートを成功させるために、お店は予約しておくなど、きちんと準備をしておくことがとても大切です。

そうすることで、成功する確率が高くなります。

洋服だけでなく靴も重要です!

洋服だけでなく、靴も重要だということをご存知でしょうか。

洋服ばかり気にして、足元をあまりみられないと思うのは危険です。

洋服だけではなく靴も見られていますから、足元まで手を抜かないように気をつけましょう。

では、どのような靴を選べばよいのでしょう。

今買うtパーティーでは、ビジネスシューズで良いでしょう。

パーティーに合わせた特別な靴である必要はありません。

ビジネスシューズなら、誠実で真面目な印象を与えることができるのでおすすめです。

ビジネスシューズなら、パーティー以外でも使用できるので無駄もありません。

パーティー用に1足購入してみてもいいかもしれません。

手持ちのビジネスシューズを履いていくのなら、しっかり手入れをしていくようにしましょう。

汚れていたり、履き古した印象の靴ではいけません。

洋服だけでなく、靴も重要だということを忘れないようにしましょう。

そして、靴も洋服に合わせて全身をコーディネートをするようにしましょう。

足元をあまりみられないと思うのは危険です。

しっかり手入れした靴を履いていくようにしましょう。

なぜ婚活をする人が増えているの?

最近では婚活をする人が増える傾向にあります。

その理由はいくつか挙げることができます。

まず一つ目の理由として晩婚化があげられるでしょう。

年々男女の平均初婚年齢層は上がって行き、30歳前後についてなっています。

年々税金は増えていき、若いうちは給料も少なく、金銭的に不安がある状態での結婚は難しいのが現状です。

そして二つ目は女性の社会進出があげられます。

男女平等な社会という考え方が広まってきており、現在では男性と同等の力を持って働く女性もたくさんいます。

そして自分のキャリアを磨き上げたいと思う人も増えてきており、20代では仕事をこなしたいという人が多いのです。

そうして30代になると、独りで生活するには十分なお金を稼げるようになります。

昔の日本では、女性は専業主婦になる人がほとんどで、生きていくためには誰かと結婚しなくてなりませんでした。

しかし、独りでも生きていけるようになった今では、自分にあった人や価値観の近い人を探すようになってきており、婚活をする事で理想の相手を探す方が多くなってきています。

ネクタイの柄で印象が変わる?

毎日のようにネクタイを身につけている方の中には、ネクタイの柄をコーディネートの一部として考えて、人に与える印象まで考慮していない方も珍しくありません。

でも、気になる女性や、初対面の方と会う時にはネクタイの柄で印象が変わる事を踏まえて、準備すると安心ですよ。

例えば、無地のネクタイはシンプルで誠実な印象を与えるので、初対面の方には安心してもらえるかもしれませんね。

自分の顔映りが一番良い色を選んだり、何か会話の切っ掛けになるようなエピソードがある色を選ぶと、会話が途切れた時に役立つかもしれません。

ストライプ柄は若さとスタイリッシュさを与えるので、年下の方と会う時に選ぶと、無理なく年齢差を和らげる事ができます。

また、ドット柄は爽やかな印象を与えるので、お相手との共通の趣味がスポーツの場合には最適です。

女性は、ネクタイの柄をよく見ているものです。

女性は可愛い物が好きだからと言って、キャラクターモチーフの物を選んでしまうと、他の女性からのプレゼントだと勘違いされてしまうかもしれないので注意が必要です。

雑談力も身につけてみてはいかがですか?

婚活では、雑談をして時間を過ごすことが多いですよね。

初対面の方だと、共通の話題も分からないので、ひたすら初対面の人に話しかけてみる事で、相手の興味がある話題を探ってみたりする方も珍しくありません。

そのためには、テレビや雑誌などで情報を集める事が大切ですが、余りにもゴシップ記事のような話題ばかりが続いてしまうと、良い印象を持ってもらえなくなるので注意が必要です。

時には、自分自身の最近の失敗談や、友達から聞いた面白いエピソードなども織り交ぜながら会話をすると、相手の方に自然と自分が興味ある話題をする事ができます。

会話が途切れたり、時間が余ってしまったからと言って、ひたすら初対面の人に話しかけてみる事ばかりしていては、会話が一方的になってしまいますし、相手の事を聞きだす事は難しいです。

ですので、自分の話題に触れた後には、相手にそれについての意見を聞いてみたりすると、会話が成立し易くなりますし、お互いについての理解を深めて楽しい時間を過ごす事ができるのです。

どのような話題になっても会話できるように、事前に情報を集めておく事は大切です。

年齢に歳の差は関係ある?

恋愛は年の差なんて関係がないと言われていますが、人それぞれではあるが男性は自分の年齢よりも-2、3歳の女性を理想とするとされています。

歳の差が離れていると、友達のような気軽さはないですが、年齢差が結構あると、人間的に成長することができるので、心に余裕を持った方が人気があります。

女性でも男性でも自分よりも年が離れている事によって、年齢が上の場合はそれだけ人生に経験を持った事にもなり、アドバイスや悩みを親身になって相談をする事が出来たり、どっしりと構えて心に甘える事が出来るなど、年下や同い年にはない魅力を感じる事ができます。

近年では、年齢がとても離れている方と結婚している方が増えています。

年齢が離れている事によって、人生経験やスキルなどの仕事面などと、頼れる大人として魅力的でもあるとされ、女性や男性でも人生の先輩として高い評価で見られています。

人はそれぞれ意見は違いますが、その人を愛する形は年齢などではなく、内面を重視にする事やフィーリングで自分に合っているかどうかなどの感じ方が1番大切です。

倦怠期をどう乗り越える?

長年付き合っているカップルの悩みといえば、「倦怠期」ではないでしょうか。

どれだけ仲のいいカップルでも、倦怠期はくるものです。

ですから慌てたり戸惑ったりせず、自然なこととして受け入れるようにいましょう。

どのようにして乗り越えていけば良いのでしょうか。

まず、自分を振り返るようにすることが大事です。

長い付き合いを続けていくと、どうしてもお互いに慣れが生じてしまい、これまでできていた小さな気遣いや思いやりが不足しがちになってきます。

自分はそうなっていなかったか、相手への感謝の気持ちを忘れていなかったかどうかを、今一度振り返ってみましょう。

付き合い始めた当初の優しい気持ちを思い出すことができれば、必ず倦怠期は乗り越えられるはずです。

また、普段とちがうイメージの洋服やメイクをしたりするのも大事です。

ついついおしゃれやメイクに手を抜きがちで、マンネリ化していませんか。

彼をドキッとさせるような、イメージチェンジは非常に効果的です。

また、仕事帰りなどに待ち合わせをして、初期のようなデートをすることも効果的です。