結婚相談所なら大阪のマリッヂサポートへ

会社概要
経営者募集
パートナー募集
プライバシーポリシー
来社予約
資料請求
池田本部アクセス
梅田支部アクセス
婚活ブログ

雑談力も身につけてみてはいかがですか?

婚活では、雑談をして時間を過ごすことが多いですよね。

初対面の方だと、共通の話題も分からないので、ひたすら初対面の人に話しかけてみる事で、相手の興味がある話題を探ってみたりする方も珍しくありません。

そのためには、テレビや雑誌などで情報を集める事が大切ですが、余りにもゴシップ記事のような話題ばかりが続いてしまうと、良い印象を持ってもらえなくなるので注意が必要です。

時には、自分自身の最近の失敗談や、友達から聞いた面白いエピソードなども織り交ぜながら会話をすると、相手の方に自然と自分が興味ある話題をする事ができます。

会話が途切れたり、時間が余ってしまったからと言って、ひたすら初対面の人に話しかけてみる事ばかりしていては、会話が一方的になってしまいますし、相手の事を聞きだす事は難しいです。

ですので、自分の話題に触れた後には、相手にそれについての意見を聞いてみたりすると、会話が成立し易くなりますし、お互いについての理解を深めて楽しい時間を過ごす事ができるのです。

どのような話題になっても会話できるように、事前に情報を集めておく事は大切です。

年齢に歳の差は関係ある?

恋愛は年の差なんて関係がないと言われていますが、人それぞれではあるが男性は自分の年齢よりも-2、3歳の女性を理想とするとされています。

歳の差が離れていると、友達のような気軽さはないですが、年齢差が結構あると、人間的に成長することができるので、心に余裕を持った方が人気があります。

女性でも男性でも自分よりも年が離れている事によって、年齢が上の場合はそれだけ人生に経験を持った事にもなり、アドバイスや悩みを親身になって相談をする事が出来たり、どっしりと構えて心に甘える事が出来るなど、年下や同い年にはない魅力を感じる事ができます。

近年では、年齢がとても離れている方と結婚している方が増えています。

年齢が離れている事によって、人生経験やスキルなどの仕事面などと、頼れる大人として魅力的でもあるとされ、女性や男性でも人生の先輩として高い評価で見られています。

人はそれぞれ意見は違いますが、その人を愛する形は年齢などではなく、内面を重視にする事やフィーリングで自分に合っているかどうかなどの感じ方が1番大切です。

倦怠期をどう乗り越える?

長年付き合っているカップルの悩みといえば、「倦怠期」ではないでしょうか。

どれだけ仲のいいカップルでも、倦怠期はくるものです。

ですから慌てたり戸惑ったりせず、自然なこととして受け入れるようにいましょう。

どのようにして乗り越えていけば良いのでしょうか。

まず、自分を振り返るようにすることが大事です。

長い付き合いを続けていくと、どうしてもお互いに慣れが生じてしまい、これまでできていた小さな気遣いや思いやりが不足しがちになってきます。

自分はそうなっていなかったか、相手への感謝の気持ちを忘れていなかったかどうかを、今一度振り返ってみましょう。

付き合い始めた当初の優しい気持ちを思い出すことができれば、必ず倦怠期は乗り越えられるはずです。

また、普段とちがうイメージの洋服やメイクをしたりするのも大事です。

ついついおしゃれやメイクに手を抜きがちで、マンネリ化していませんか。

彼をドキッとさせるような、イメージチェンジは非常に効果的です。

また、仕事帰りなどに待ち合わせをして、初期のようなデートをすることも効果的です。

お見合い後の返信の仕方について

お見合い後の返信にもマナーがあります。

それはお返事は、当日中にするということがまず第一です。

お見合いに不慣れな場合、おそらくお返事について悩んでしまうことでしょう。

良い印象、もしくは悪い印象しかなかった場合は即答できるかもしれませんが、良い印象とそうでない印象があった場合、どうしようか悩んでしまうのが当然といえるかもしれません。

しかしながら相手の方をお待たせするというのはマナー違反になりますので、お返事で悩んでしまったらもう一度会いたいというようにお返事することをお勧めしています。

2度目にあった場合は、お互いに初回の緊張が和らぎますからより相手のことをよく知ることができます。

お見合いでは例え自分が好印象をもったとしても、相手の方から断られる場合もあります。

断られた際は、潔く次にむけての活動を開始しましょう。

この時に大切なのは反省点を次に活かすということです。

断られたということから気落ちしてしまうものですが、あくまでご縁がなかっただけです。

自分自身をよく知ってもらうためには、これまでの反省点を次に活かすことを心がけながら、お見合いを続けていきましょう。

お見合いの場で成功する会話テクニック

お見合いの場で成功するための会話のテクニックの基本は、一般的な場であっても好意を抱かれやすい会話をすることにあります。

相手の話しにしっかりと答えてあげるということがまず挙げられ、聞かれたことはちゃんと答えてあげるようにしましょう。

注意が必要なことは聞かれたことはしっかり応えることは大事ですが、あまり過度に自分の話をしないというのも大切なことです。

自分のことばかり話されてしまっても、相手としては困ってしまうことになりますからこの辺を注意しておきましょう。

次に会話で大事なことは共通の話題を見つけることであり、同じ話題で盛り上がることができる内容を探すことが大切です。

互いに興味のない話題で、会話を続けようとするのは大変なものですからこの辺を意識して話題を探すようにしましょう。

相手を褒めるというのも大切で、褒められると人は悪い気はしませんからいい部分を積極的に探しだして褒めてみると良いでしょう。

その代わり褒めなければという意識が強すぎて、褒めるようなところでなところを過剰の褒めると逆に悪い印象を与えてしまいかねないので注意が必要です。

お見合いの場でやってはいけないこととは

結婚相手を見つけるために、今の時代もお見合いはよく行われます。

お見合いパーティーや合コンなど他の婚活方法とは違い、一人の相手とゆっくりお話しが出来るメリットがあります。

ただお見合いをするにあたって、注意すべき点はあります。

それはお相手との会話の内容なのですが、まずありがちなのが、同じ婚活をしている者同士、相通ずるものがあると思ってつい「モテない」「結婚出来そうにない」などネガティブな話しをする人です。

しかし相手にとってこのような話をする人に魅力を感じるかと聞かれれば疑問です。

誰もモテない人を結婚相手に選びたくありません。

そういった意味でも自分の価値を下げるようなネガティブな話はNGです。

さらに昔の彼氏や彼女の話題を口にするのも良くありません。

人によっては思い出したくない過去もあり、わざわざ昔のお相手を気にする必要もないのです。

会話に困る人が苦し紛れに聞く事も多いようですが、これも避けるべき話題です。

またお見合いの会話では、自分の事を良い人と見てもらう事が大事です。

相手の話しを否定する、悪口を言う人は相手に良く思われない事は確実なので、元々口が悪いと自覚している人は注意が必要です。

結婚相談所活用のメリットとは

婚活の手法として、結婚相談所を利用することが見直されつつあります。

いろんな理由があります。

まずは、結婚相談所に会員登録するには、その相談所の審査を受けなければなりません。

身元を偽っている人や、既婚者であれば、当然、入会することができません。

言い方を変えれば、結婚相談所に登録している会員は、純粋に結婚を目的にしている人たちであって、詐欺や遊び目的に人が少ないということが理解できます。

この点が、出会いパーティーとは大きく異なっています。

会費を支払って結婚相談所に登録するのですから、相応の経済的な裏付けを持った意図が多いことも、容易に想像されます。

つまり、男女共に収入が安定した人が多く在籍していることと認識できますので、安心してパートナー探しをすることができるのです。

しかも、セキュリティーやプライバシーの徹底された管理がなされていますので、思わぬところから、みずからの個人情報が流出してしまった、ということは、ほとんど皆無です。

何よりも、結婚相談所ですと、自分の希望条件で相手を探す事ができる点が、大きなメリットです。

データベースでの検索によって、相手を探すことができるのです。

婚活パーティーの種類

婚活ということばが世間に浸透してからずいぶんになりますが、婚活と一口にいってもその内容はいろいろあります。

そしてそれぞれの特徴というのもらいます。

たとえば、イベント系というのは、かなりの大人数で行われるケースが多いです。

大きな会場に集まられて、一人数分ずつの持ち時間で会話をしてすぐに別の人と話すというように、かなり忙しいものになります。

そして最後に自分の気になった人の番号を書いて、カップルになるかどうかがわかるというものです。

また、最近ではイベントといっても郊外でおこなうものも多いです。

バスツアーとか、釣り大会などのイベントと絡めて、男女の出会いを応援しようという婚活も出てきています。

合コン系というのは、人数が男女できちんと決められて、はじめから男女が同じ数で、会話ができるというものです。

合コン系は、自由に席が移動しにくいので、気に入った人がいれば早くカップルになる可能性は高いです。

パーティー系というのは、立食タイプのパーティ形式で多くの男女が気軽に話せる雰囲気の中で、なんとなく気があう人をみつけていくという方法です。

それぞれ特徴があります。

良い印象を与える会話のテクニック

心理学では初めて会う人の印象は、出会ってから3秒ほどで決まるといわれています。

そしてその3秒間に印象を決める判断材料とされるのは、見た目・声・話す内容の3つの要素です。

このことから、第一印象をよくするためには身なりと笑顔が欠かせないということがわかります。

しかしながら会話を始めると3秒以上の時間を過ごすことになりますから、第一印象を良くする笑顔に加えて会話のテクニックが求められることになります。

そのテクニックとは、まずは相手の目をしっかり見ること、話の要所要所で相槌を打つこと、そして相手が話しやすくなるように会話のきっかけとなる質問をすることがあげられます。

この相手の目をしっかり見ることと、相槌を打つということは『あなたの話に興味をもっています』というアピールになります。

人間は自分の話を聞いてくれる人=自分に好意をもってくれている人と判断します。

自分に好意を持ってくれている人を悪く思う人はいませんから良い印象を与えることになります。

さらに話をきいてもらうということによって満足感を得るのが人間ですから、会話のきっかけとなる質問をすることによってもやはり良い印象を与えられるのです。

モテるプロフィール作成のコツ

婚活においてプロフィール作成は、とても重要なステップの1つです。

容姿に自信がある人であれば、写真だけで多くの人から注目を浴びるかもしれません。

しかし世の中それほど自信を持った人ばかりではないですよね。

そんな時写真で伝えられないあなたの雰囲気や良さを、プロフィールで補完してあげる必要があるのです。

通常の恋愛と婚活の違いは、やはり結婚を意識した上での相手を探すということです。

結婚相手に求める性格の条件は恋愛のそれと比べると、保守的になるのが特徴です。

ですからプロフィールでは謙虚な姿勢が感じられる、癒し系の女性の人気が高くなっています。

具体的には女性らしさを感じさせる趣味は、好感度が高いでしょう。

料理が趣味なのはもちろん、掃除や洗濯といった家事に関連するものも家庭的な女性を連想させますね。

ヨガやピラティスも健康的な女性らしさを感じさせてくれるものです。

また男性と一緒に楽しめそうな趣味も目を惹くものです。

ハイキングや登山、フットサルなどのアウトドア系はその後一緒に出かけるきっかけにもなりますし、スポーツ観戦が好きなことも男性は喜びそうです。

読書や映画鑑賞もインドア男子と話が弾むかもしれないですね。