結婚相談所なら大阪のマリッヂサポートへ

会社概要
経営者募集
プライバシーポリシー
来社予約
資料請求
池田本部アクセス
梅田支部アクセス

婚活パーティーに一人で参加する人っているの?

婚活パーティーに参加をして素敵な人を探したいと思っていても、一人で参加をする勇気がなかなかないという人もおられます。

一人で参加をしている人はいるのだろうか、と多くの人は不安になっています。
しかし、その心配はありません。

婚活パーティーなどには、多くの人が一人で参加しているからです。
そのため、一人で参加をしているからといって、目立ってしまうこともありません。
寂しい人だと思われることもないので大丈夫です。

逆に、友達と参加するとどうしても気を使ってしまうものです。
友達と好きな人がかぶったら、気を使いますし、自分から積極的にアピールをすることもできません。

自分が好きな人が、自分の友達を好きになってしまうと、友達との関係が悪くなることもあります。

また、婚活パーティーなどは、一人でいると話しかけられやすいものです。
友達と一緒にいると、相手もなかなか話しかけづらく、
三人でも会話になってしまうのも微妙ですし、相手も困ってしまいます。

たくさんの人に話しかけられたいのであれば、一人で参加をすることが大切なのです。
一人で参加をすれば、出会いの数も増えます。
思い切って婚活パーティーに一人でも参加してみましょう。

年上の男性へどうアプローチする?

年上の男性が好きな女性は多くいます。

そんな年上への男性への効果的なアプローチ方法でうが、まず大人っぽい服装を意識することが大切です。

あまりにも子供っぽい服装だと、それだけで子供扱いされてしまいますし、恋愛対象としてみてもらえません。

恋愛対象としてきちんとみてもらうためには、常に大人っぽい服装を意識して、大人の女として見てもらうことが重要なのです。

大人の女として見てもらえないと、なかなかカップルになることができません。

そして、年齢差を感じない会話内容も大事になります。
若い子しかわからないような話しをしても、年上男性はおもしろくないので、
話していて楽しいと思ってもらうことが大切なのです。

そのため、本とか新聞などをよみ、年上男性が興味のありそうなことをたくさん知っておくことが大事です。

また、年上男性には、責任感のある女性が人気です。
責任感のある一面をアピールしたりして、相手に異性として意識してもらえるように頑張ることがとても大切です。

このように、年上の男性にアプローチをする時は、
軽い女だと思われたり、幼いと思われないように、いろいろと努力をしないといけません。

連絡先を上手に聞くには?

どうすれば連絡先を上手に聞くことができるのでしょう。

気になる異性がいる場合、連絡先を聞きたくても勇気がでないという方に、
今回は、上手に連絡先を聞く方法をご紹介します。

まず、連絡先を聞くには、会話が盛り上がっているときに聞くようにしましょう。
自分が相手のことを気にいったからといって、話もろくにしていないうちから連絡先を聞くのは失礼です。

たくさんお話をして、会話が盛り上がっているときに聞くと、連絡先を教えてもらえる確率はアップします。

また会ってお話しをしたいと相手に印象づけることが大切です。

さらに、写真をとって「送りたいから」といって聞くという方法もあります。

この方法なら連絡先を聞くというほど直接的ではないので、相手も教えやすいでしょう。

最後のポイントは、直接聞くようにすることです。

いろんな小細工をしたり、他の人に教えてもらったりというのは、あまり好感をもたれるものではありません。

連絡先を聞きたいのであれば、変な小細工などはせず、ストレートに直接聞くようにすると、案外相手もすんなり教えてくれるかもしれません。

このように、連絡先を上手に聞くには、会話が盛り上がっているときに聞く、
写真をとって「送りたいから」といって聞く、直接聞くようにするというポイントをおさえておくと良いでしょう。

軽い女と見られないようにするためには

真面目な男性と出会いたいと思っている場合は、自分が軽い女だと思われないようにすることが大事です。

どんな男性でも、軽い女の人を真剣に恋愛対象として見てくれない場合がほとんどです。

軽いと思われてしまうと、すぐに遊べる女だと思われてしまうので、
そう見られないためのポイントを今回はご紹介します。

まず、軽い女と見られないようにするためには、露出はひかえるようにすることが大事です。

あまりにも胸が開いている洋服とか、腕とか脚とかあらゆる場所が露出している洋服だと、それだけで軽い女だと思われてしまうからです。

そして、髪の色も大事です。
髪の色はなるべく目立たない色にすることが大切です。

明るすぎる金髪とかだと、第一印象で軽そうで遊んでそうな女性だと思われてしまいます。

さらに、たとえ恋愛経験が多かったとしても、恋愛経験の多い話しをしないことが大切です。

全て真剣なお付き合いをしていたと言っても、恋愛経験が多いというだけで、遊んでいると思われてしまいます。

今まで何十人と付き合ってきた過去があったとしても、簡単にべらべらと話さないことが大切です。

あまりにも付き合った人数が多い場合には、付き合った人数を少な目にいうことも軽い女性とみられないポイントといえるでしょう。

外見に自信のない方は

外見に自信のない人も多くおられます。
しかし、外見のコンプレックスはなかなか克服しにくいものです。
そのため、外見に自信がないからといって、恋愛に臆病になっていると損をしてしまいます。

外見に自信を持つことができないのであれば、そのほかのことをほかの人よりも頑張ったらいいのです。

たとえば、上品な言葉遣いです。
上品な言葉遣いをするだけで、女性らしさはぐんとアップします。
言葉遣いがきれいだと、男性は、育ちのいい女性なんだなと思ってくれるものです。

人一倍上品な言葉遣いをすることを気を付けることで、素敵な女性だと思ってもらえること間違いありません。

そして、常に優しい笑顔を意識することも大切です。

いくら美人でも、いつも怖い顔をしてにらんでいるような女性や、
笑顔があまりなくいつも暗い顔をしている女性には誰も近づいてくれないものです。

外見がそこまで美人ではなくても、いつも笑顔でにこにこしている女性に惹かれる男性はたくさんいます。

いつも笑顔を絶やさず、この人と一緒にいたら楽しいと男性に思ってもらうことがとても大切なのです。

メアド交換のあとにはなにをする?

気になる相手とメールアドレスを交換したら、そのあとにはなにをすればよいのでしょう。

メアドを聞いたら、聞いたその日のうちにメールを返すようにしましょう。

そして、メールの中には相手と会話した内容を添えると相手に良い印象を与えることができます。

例えば「○○の話が楽しかったです。」とか「また、あの話の続きをしましょう。」
などと相手と会話した内容を添えると、とても良い印象を持たれます。

しっかり話しを聞いていてくれたのだと高感度が上がるはずです。
メアド交換をしたら、何日もほったらかしにしていてはいけません。

聞いたその日のうちにメールを返し、相手と会話した内容を添えて、しっかり話しを聞いていていたということをアピールしましょう。
そんな上手なメールテクニックを使えば、あなたの好感度はかなりアップするはずです。

気になる相手とメアド交換をしたら、そのチャンスを逃さず行動してください。
しっかり話を聞いていたということを印象付け、また会って話したいと思わせるようなメールをその日のうちに返すようにすると良いでしょう。

チャンスを逃さないように気をつけましょう。

婚活ってどのような人におすすめ?

v婚活は、異性の友達が少ない人や男性との出会いがない方におすすめです。

婚活パーティーとか合コン、街コンなどの婚活に参加をすることで、たくさんの異性と出会うことができるからです。
異性の友達が自然とたくさん作れます。

異性の友達が少ないと、なかなか紹介などもしてもらえませんし出会いがないものです。

しかし、異性の友達を婚活で増やすことで、自分にぴったりの異性を紹介してもらえるようになります。

また、異性を苦手に感じてしまっている人にも婚活はおすすめです。

婚活パーティーにいったら、たくさんの異性が積極的に話しかけてくれるため、自然と異性と会話をするのに抵抗がなくなってくるからです。

異性を苦手に感じていたら、なかなか素敵な出会いがあっても発展しません。

このように婚活に積極的に参加をして、異性と会話をすることに慣れることが大切です。

そして、結婚相談所を利用した婚活をすることで、コンサルタントに相談することができます。

デートの服装のこととか、デートに行くお店のこと、デート中にする会話などいろいろなことを相談できるので、恋愛経験が少ない人も安心です。

リアクションは大事です

何事においても、自分が発言したことに対してしっかりとしたリアクションが見られることはうれしいものです。

それは男性であっても女性であっても同じことが言えます。

男性側からすると、会話が楽しい女性は魅力的に見え、この人ともっと話をしようと思ってもらえるようになり、どんどん話しをしてもらえるようになります。

その際には笑顔を忘れずに、会話に花を咲かせることをおすすめします。

そして、相づちをしっかり打つというのもとても大事なことです。

話してる様子を見ながら相づちを変化させるということをするだけで、この人はしっかり話を聞いているんだなというのがわかるようになります。

ありがちなのは、いつも同じ相づちをしてしまう、相づちの仕方が少し面倒くさそうなものになっているなどです。

こうなってしまうとむしろ話が面白くないのかなと思われてしまうことがあり、逆効果です。

自分がどういう相づちをしているのか、そうした観点で会話を考えてみるというのもいいでしょう。

自分が話し始めて、相手にしてほしいこと、もしくは相手にされたくないことを考えた上で、行動に移してみるとうまくいくようになります。

女性から告白しないほうがよい理由とは

女性から男性に告白しないほうが
いいのには理由があります。

まず男がいい気になるからです。

女性の場合は自分の事を好きになってくれる人を
好きになり尽くす傾向がありますが、
男性の方は自分に惚れている女は
自分の思うようにできると思い、
あまり大切にしない傾向があるのです。

また女性から追いかけられることに抵抗を感じる方もいます。

男性は追いたい生き物ですので獲得した時に充実感を感じられます。

しかし獲物のほうから追いかけてくると
捕獲した時の充実感が感じられなくなり
その途端興味も薄れてしまうのです。

しかし一番の理由は結婚に発展しないことにあります。

男性の中には結婚をせずに、
自由に恋愛だけを楽しみたいという方もおり、
自分に惚れている女であれば、
無理に結婚してあげる必要もない、
結婚しなくても逃げられることはない
と油断されてしまうのです。

女性から追いかけてうまくいくケースもありますが、
まずは自分が相手に対して好感を持っている
という意思表示くらいをすればいいでしょう。

後は相手が追いかけてくるのを待つだけです。
アピールしても追いかけてこないのは
そもそもうまくいかないケースですので
あきらめることをおすすめします。

男性が結婚を決意する4つのスイッチとは

男性は女性に比べて
結婚のスイッチが入りにくい傾向があります。

しかしある4つのスイッチが
入ると結婚を決意するのです。

まず一つ目は、あなたの市場価値が関係します。
市場価値とは、
客観的に見た時の
容姿の良さや性格の良し悪し、
学歴や年齢の若さになります。

市場価値が高いと、
彼も取り逃がすまいと
結婚を決意するのです。

二つ目は、仕事の安定も関係しています。

最近では、
男性は女性にも働いて欲しいと
考える方が多いので
できるだけ安定した仕事をしてほしいと思っています。

公務員や正社員ですとスイッチが入ります。

居心地の良さも
重要な三つ目のスイッチです。

一緒にいて緊張感が無く、
しかも安心して居られるというのは
これから長い夫婦関係を続けるに置いて大事なことになります。

最後のスイッチは彼の周りの人の結婚状況です。

いくら三つのスイッチがそろっていても
周囲の人が結婚していなければ
まだ結婚するには早いかなと思ってしまいます。

こればかりは自分の努力ではどうにもできませんが、
元々友達が既婚者ばかりの人を彼氏にすると
結婚につながりやすくなります。