会社概要
経営者募集
パートナー募集
プライバシーポリシー
来社予約
資料請求
池田本部アクセス
梅田支部アクセス
スペース
婚活ブログ

月別アーカイブ: 2019年7月

一緒に生活できる人だって!おめでとうございます

inouesann

 

34歳の女性会員I様と3歳年上の男性のカップル。 プロポーズの翌日にお越しいただきました。昨年の秋に入会されたので早かったです!! 結婚するならこういう人、という条件はもちろんありましたが、条件と違っても「自分が思っているイメージと違っていても合う人かもしれない」とお見合いはされました。

なかなか気が合う方と会えません・・・いるのかなぁ?と思われたことも多かったと思います。 I様は、ご自分のことをよくわかっていらした方。先入観なくいろんな方とお見合いしていくうちに、「こういう感覚の方は無理。こんな感じの方は無理」と気付きながら出会っていった・・・という印象です。

彼に出会ってから、面談でお話しを聞いていましたが「特に気になるところがない」と当初から言われていたんです。それ!気が合っている! ということ。その後、会う回数を重ねてプロポーズ。 出会ってから早い・・・というパターンのお2人。 結婚相手を探していたお2人だからですね。 結婚は生活です。 一緒に暮らせそう、と彼女は感じたようです。 こういうことを書くと「無理」と感じなければ結婚できるのでは?と思われがちですが、違います。 +「魅力」が必要。

「魅力」の感じ方が人様々。「いい人なんですけど・・・結婚はないかなぁ。」とお断りの理由になるところ。 そこがもどかしく、何ともならないところなんです。 では、魅力的な人になりたい!でなれるものではないんです。正解がないものですから。 でも、伝えることはできます。 「あなたのことが好き」ということ。好きじゃないなら、伝えられません。「この人、わたしのこと好きなのかも」という気持ちもキャッチします。

「この人いい人だから、気が合うから結婚します」の中に、いい人だから「好き!」と言う気持ちが入っているんです。 この「だから好き」抜きでは、相手に気持ちは伝わりません。

焦らないで無理しないで「好きやねん」という人と結婚しましょう。好きだから、大事にしたい、自分を犠牲にできる、それが苦じゃない、君が笑ってくれたらいい、あなたが嬉しかったら私も嬉しい、、、、そんな人、出会えます。諦めないこと。それしかない。

梅田店コンシェルジュ  N

 

 

煙草のこと

先日、女性会員さんから聞いた話・・・うーむ・・と思うことがありました。彼女がお見合いした時に、相手の男性から、煙草の臭いがしたそうです。 プロフィールには、煙草は「吸わない」となっていたので、この方ではなく違う方の臭いかな?と思ってお見合いしました。話しが合ったので交際成立。

初めて食事に行った日、男性から煙草を吸っていることを白状されたそうです。彼女の条件は「タバコ吸う方は嫌」でしたが、「まあ、禁煙する気持ちがあるなら」と譲歩されました。次は「お酒、付き合い程度って書いてあったけど飲まないんですよ」というのが気になられて、次は「会社員だけど、正社員じゃなくて派遣社員なんですよ」と・・次々と気になることが増えてきて「なんか、嘘だらけの人なのかな」と思いました。 となっちゃいました。

お酒は「少し、飲む」という方は、量の問題なので仕方がないところもあります。なんとか修正がききますね。「正社員か派遣社員」は、会社員。仕事内容などきちんと話しをして、理解してくれるかどうかで嘘ではないですよね。 煙草吸う方は、YESが出にくいです。確かに。でも、「吸う」のに「吸わない」は反則ですよね。嘘はついたらいけません。信頼がなくなります。禁煙に向けて頑張って!!

嘘ではないけれど、お付き合いをして仲良くなって「真剣交際」と同時に、カードを出す方もあります。実は・・・「転勤族です」とか「3年後には親と同居希望です」とか、様々聞くことがあります。結婚する前に伝えなければいけないこと。 言いにくいことをいつ伝えるのか、ということ。 経験上、初めに伝えた方がいいです。せめて、3回めまでに伝えてほしいです。生活に関係してくることですから。「なぜ、最初に話しをしてくれないの!」となることの方が多いです。

だって、「この人じゃないといや!」とのぼせて結婚する人は少ないです。10代の結婚ではないんですから。ましてや、クラスメートのようにじっと見ていた相手と結婚するのではありません。私は「好き」というより「信頼」できる人と結婚!!とよく言っています。 信頼できたら、一緒に暮らして安心。安心できたら幸せですよ。 言うべきことは早めに言ってあげましょう。それでも「一緒に居ると楽しいから」と、理解してくれる相手にしましょう。「ふたりで相談していこうよ」そう言ってくれる方じゃないと、生活はできませんよ。 はい、あなたに惚れてもらいましょう。 しゃべりが苦手なら、あなたの誠実さ、マメさ、フットワークの軽さ、・・・あなたのいいところ、絶対あります。 そこを伝えること。それが一番。伝えることなら、努力したら何とかなります。応援します。あなたのこと、伝えて下さい。お相手のことも、もっともっと知りたい、と思って~

結婚してからは、2人で歩んでいくんです。

相手の気持ち、まず考えてあげてね。それが基本です。

 

梅田店コンシェルジュ N

 

 

 

覚悟

先日 成婚退会の手続きに来られた41歳の男性です。

お相手と2人でお越しいただけなかったのが残念でしたが、ゆっくりとお話しができて良かった…かもしれません。

おめでとうございます。と言うと、彼が「Nさん、僕が入会した時に言ったでしょ。そのことの意味がわかりましたよ」と言われました・・・心の中で「私、何言うた?え?」と思っていましたが、彼が「覚悟です。結婚しようと思ったら、どこかで覚悟しなさいよ、と。僕、付き合っていく中で覚悟しました。ああ、こういうことだな、って思いました」と言っていただき、嬉しかったです。

入会時に、お話したことを覚えていてくださったのですから。しかも、素直!!

そう、覚悟すれば結婚出来ます。「この人とスタートしよう!」と思う覚悟です。人間ですから、短所はたくさんあります。でも、長所もたくさんあります。長所を見て短所は流して。 誤解かもしれないし、恋に酔っているのかもしれないけれど、スタートできるかどうか。それだけです。その奥底には、「自分ならできる」という自信があるのかもしれません。 新しい生活をよく知らない人とスタートすること。楽しそう、と思ってGOするかどうか・・・あとは野となれ山となれ~~ぐらいじゃないと、できないのかもです。

でも、覚悟できるってことは。。。相手のことを信頼して、愛しているからかもですね。結婚は、してあげたいことがたくさんある人としてね!してほしいことがたくさんある人は、難しいですよ。こうして、ああして、と相手に望む方はずっと一人の方がいいかもです。

自分の時間、気持ち、お金・・・相手と分かち合うという覚悟がある方は結婚できます!活動してください!!

梅田店コンシェルジュ N