年代・状況別の
きめ細かいサポート

再婚の方の婚活~現実と向き合える経験を活かして~

600_再婚
結婚をしても、すべての夫婦が一生連れ添うわけではない時代。日本では結婚した夫婦のうち実に3組に1組は離婚するといわれており、昔と比べると離婚自体が特に珍しいものではなくなりました。

そして、離婚をされた方の中には、再婚する道を選ばれる方もいらっしゃいます。再婚によって幸せを掴み取る方も少なくありません。
ここでは再婚を目標に結婚相談所を利用される方の傾向と、私たちができるアドバイスについて解説していきます。
もくじ
再婚希望で婚活をされる方の傾向は?
器の大きさが魅力になることも
結婚相談所として再婚希望の方にできるアドバイス

再婚希望で婚活をされる方の傾向は?

離婚歴は、その人の婚活にプラスにもマイナスにも働くことがある要素。
再婚を目標に婚活をされる方の傾向を紐解いていきます。

■結婚の酸いも甘いも知っている方が大半

離婚歴のある方は、「前回の結婚で得たことを教訓にして、次こそ幸せになりたい」という想いを強く持っておられる傾向があります。

また、結婚のよい部分も悪い部分も見ているため、現実的な視点で婚活に向き合える方も多いです。「自分のなにが悪くて離婚に繋がってしまったのか」という自己分析が、すでにできている方も少なくありません。

マリッヂサポートにも再婚をご希望の方はたくさんご入会いただいています。年齢層に偏りはなく、幅広い年代の方がいらっしゃいますよ。

■お互いの状況も踏まえて婚活を進める

ふたりともが初婚の方であれば、男性と女性それぞれの了承があれば交際や成婚に進むことができます。しかし、再婚の方はお子さまをお持ちの場合もあるため、結婚について考えるためにはまずその状況を飲み込むことから始める必要が。

子どもがいることをお相手やそのご両親が受け入れてくれるか、そして子どもがお相手に懐くか。養育費を支払われている場合には、それをお相手に理解してもらわなければいけません。
初婚の方と単純に比較すると、交際や成婚前にクリアしなければならない課題が出てくるということを覚えておきましょう。

もちろん、このような課題を順調にクリアし、幸せな家庭を築いた方もたくさんおられますのでご安心ください。

器の大きさが魅力になることも

再婚希望で婚活をされている方は、これから初めて結婚をする方に比べて許容量が大きい傾向があります。この理由は、すでに結婚と離婚という人生における大イベントを経験しているから。

経験値が豊富なため、少々のことでは動じず、へこたれない方が多いです。これは、お相手から「器が大きい」「頼りがいがある」と感じてもらえる要素になることも。

また、再婚の方同士が結ばれるケースもよく見られます。結婚と離婚の苦労がお互いに分かるため、価値観が似て居心地のよさを感じやすいのかもしれませんね。
0327-4

結婚相談所として再婚希望の方にできるアドバイス

再婚をご希望の方は、結婚を現実的にとらえ、よい意味で結婚に夢を見ず、自分の思い描く幸せのカタチが明確です。よって、タイミングさえあればすんなりとお相手が決まり、成婚まで至ることも。
マリッヂサポートにご入会いただいている会員さまにも、コンシェルジュが驚くほど冷静に自己分析をなさっている方がたくさんおられ、驚かされるばかりです。

再婚をご希望の会員さまには「次こそは幸せになる」という気持ちを大切にしていただきたいと考えています。
前回の結婚は失敗ではなく経験です。その経験を糧に、前向きに婚活に取り組んでいただけるよう、マリッヂサポートが全力でサポートさせていただきます。

おすすめのコース

bnr02

他コース・サービスも見る

婚活無料相談&
マッチングシミュレーション
入会時最大54%OFF
資料請求 通話無料